クレカ現金化って違法なの?

クレカ現金化の際に注意したいポイント

クレカの現金化には、当然クレジットカードが必要となります。
しかし、クレカ現金化に使用するクレジットカードの種類に注意をしなければなりません。
クレカの現金化に最も適していないクレジットカードであるといわれているのが「国際ブランドカード」。
国際ブランドカードの利用は何故クレカ現金化に適していないのでしょうか。
また、国際ブランドカードでクレカの現金化をする場合の注意点やポイントなどを紹介します。

▼ 目次

国際ブランドカードでの現金化

国際ブランドカードは、所持していること自体がステータスになるほど、ブランド力の高いクレジットカードです。
クレカ現金化に利用することは当然に認められておらず、加えて利用に関する監視体制も他のクレジットカードと比較をすると厳しいものになっています。

クレカ現金化業者を通して現金化を行う場合、国際ブランドカードの現金化では換金率が下がるケースが多いのです。
監視体制が厳しい国際ブランドカードでの現金化には、業者の運営に関しても大きなリスクが伴います。
現金化の申し込みが国際ブランドカードであった場合、現金化業者で対策を行わなければなりません。
通常のクレジットカードであれば必要のないタイプの決済代行会社を利用したり、購入指定商品を変えるなどの手間がかかります。
そのため、申込者は別途手数料を支払わなければならないケースが多いのです。
さらに、国際ブランドカードでは現金化が出来ない業者も存在しています。
使用できるクレジットカードについては事前に現金化業者に確認をしましょう。

国際ブランドカードしか所持をしていない場合

この様に、国際ブランドカードは、クレカの現金化に利用するカードとして適していないことが分かりますね。
しかし、国際ブランドカードしか所持をしていない場合など、どうしても使用をしなければならないケースもあるでしょう。
その様な場合に安全に現金化をするためのポイントを紹介します。

まず支払い履歴のない新規発行のクレジットカードの利用を避けること。
これは国内ブランドのクレジットカードにもいえることです。
新規発行でショッピング枠の限度額一杯まで買い物をしてしまえば、即座にカード停止となるでしょう。
現金化を疑われる可能性も非常に高いため、支払い実績のないカードの利用は避けましょう。

自分でクレカの現金化を行う際に有効な方法であるとされるのが新幹線の回数券や金券の転売です。
これらは換金率が高く、業者を通さずに現金化をする場合に人気の商品です。
国際ブランドカードに限らず、換金率の高い金券や家電製品などは、カード会社も監視を強める商品です。
自分で現金化をする場合には、換金率が非常に重要になります。
しかし、カード利用停止や退会処分などのペナルティを考慮すると、現金化業者を通してリスクを下げることが重要でしょう。

最も有効な方法は、国際ブランドカード以外の、国内ブランドのカードで現金化をするという方法です。
国際ブランドカードを作ることが出来る方であれば、国内ブランドのクレジットカード審査は通るはずです。
しかし、クレジットカードの発行までは時間もかかります。
すぐに現金が必要な場合は、国際ブランドカードでも対応をしている優良な現金化業者を探す必要があるでしょう。
カードの利用停止や、換金率の低さをクリア出来るかどうかが優良な業者を判断するポイントになります。

優良なクレカ現金化業者では、国際ブランドカードでの申し込みについて手数料を徴収する業者ばかりではありません。
国際ブランドカードであっても手数料は掛からず、換金率が変動しないという業者も存在しているのです。
これらの優良な業者は、国際ブランドカードの取り扱いがある点や換金率について売り文句にしいている場合が多いため、直ぐに見つけることが出来るでしょう。
また、この様な業者では指定商品を購入するという買取方式ではなく、キャッシュバック方式で現金化を行います。

キャッシュバック方式で購入する商品は、換金率の高い商品ではないためカード会社の監視に掛かりにくいのです。
そのため、利用停止のリスクを下げることが可能になるのです。
キャッシュバック方式は自分で行うことは出来ません。
そのため、国際ブランドカードを利用する場合にはキャッシュバック方式を採用している優良な業者を通すということがポイントとなるでしょう。

まとめ

国際ブランドカードしか所持していない場合であっても、クレカ現金化を行うことは可能です。
ブランド力の高さによって、クレジットカード会社の監視も強化されています。
カードが利用停止となる可能性も高く、業者を通した場合には換金率も下がるというデメリットも多いのです。
しかし、国内ブランドのクレジットカードを作成している時間が無い場合もあるでしょう。
そこで、優良な現金化業者を探す必要があります。
ポイントは、国際ブランドカードの利用であっても換金率が変わらない事、キャッシュバック方式であることです。
ホームページなどで情報が確認出来ない場合には、問い合わせを行ってから申し込みましょう。