クレカの利用規約とは

HOME » 現金化って違法? » クレカの利用規約とは

クレカの利用規約とは

クレカの現金化自体は、違法行為ではありません。
しかし、クレジットカード会社の利用規約には違反している行為になるのです。
違法ではないけれど違反するという点について、注意したいポイントを紹介します。

クレジットカードには、現金を借り入れるためのキャッシング枠が存在しています。
クレカで現金化をするのであれば、本来はキャッシング枠を利用すべきであるということです。
キャッシング枠は、カードの所有者が返金可能であると判断された金額が設定されています。
そのため、ショッピング枠も合わせて現金化をされてしまうと、カード会社は返済をしてもらえない可能性が出てきます。
さらに、ショッピング枠には金利がないため、現金を作られてしまえばカード会社は損をする事にもなるのです。

カード会社の規約に違反するため、ショッピング枠の利用については監視を強めています。
キャッシング枠も上限に達している状態でショッピング枠を利用するといった行為は、即座にカード会社から連絡が入るでしょう。
もしくは、連絡なくカードの利用停止措置が取られる場合もあります。
ショッピング枠の現金化を行う人にはパターンがあるため、それらのパターンに当てはまる行動を取ってしまえばすぐに疑われてしまうのです。

カードの利用停止措置の後、カードを強制的に解約させられる可能性があります。
この様な措置が取られた場合、これまでカード決済をした利用分は一括で支払わなければなりません。
ショッピング枠だけではなく、キャッシング枠の借り入れ分も一括で支払います。
これもカード会社の利用規約に定められているため、しっかりと確認をしましょう。

クレカ現金化自体の違法性については、問うことが難しいとされています。
現金化業者に対しては違法性を問うことが出来ても、利用者が罰せられたケースはありません。
しかし、カードの規約については違反行為であると断定されるということを忘れないようにしましょう。