クレカの現金化はハイリスク?

HOME » 現金化って違法? » クレカの現金化はハイリスク?

クレカの現金化はハイリスク?

すぐに現金を作らなければならない場合、消費者金融での審査を待つ時間も無いという場面もあります。
その様な場合に利用したい方法がクレカの現金化ですね。
しかし、様々なリスクがある事も知っておく必要があるでしょう。

まず、クレカの現金化は非常に利息が高い借金であるということを認識する必要があります。
現金化業者を通した場合でも、自分で行う場合であっても、還元率は平均すると80%であるといわれています。
1回現金を作るために、20%の利息を支払うということになるのです。
審査もなく現金を作ることが出来るという魅力的な方法ではあります。
しかし、何度も利用をしているとカード会社への支払が滞るなど、お金が回らない状況にもなりかねません。
利息の高さをしっかりと認識しておきましょう。

クレカの現金化で最も注意をしたい点は、クレジットカードが利用停止になるリスクです。
カード会社で禁止されているショッピング枠現金化が知られてしまえば、すぐにカードは利用停止になります。
通常の買い物と、クレカの現金化を目的とした買い物の違いなど分かる訳がないと考える方も多いのではないでしょうか。
しかし、現金化目的の利用者を特定する事は、カード会社にとって困難な事ではないのです。
まずはキャッシング枠が限度額に達している、もしくは頻繁に利用している人間を絞ります。
次に、換金率の高い金券や家電製品、ブランド品を購入している人間に絞ります。
お金に困っているはずの利用者が、高額な商品を購入しているだけでも十分に疑うことは出来ますね。
これだけではなく様々なパターンをシステムで監視しているため、現金化が疑われるカード利用者を見つけることは簡単なのです。

この様に、クレカの現金化は高金利であったり、カードの利用停止処分を受けるリスクがあります。
他にも詐欺に遭う、頻繁に利用してしまい借金が増え続けるといった危険性もあるのです。
どうしても現金が必要な場合にのみ、利用を検討しましょう。