クレカの現金化は違法?

HOME » 現金化って違法? » クレカの現金化は違法?

クレカの現金化は違法?

クレカの現金化は、違法行為では無いものの「グレーゾーン」であるとされる行為です。
しかし、クレジットカード会社の利用規約では禁止事項とされています。
そのため、ショッピング枠を現金化目的で使用した場合にはカード停止となった後、退会処分となるケースも多いのです。
これらのペナルティでは、一括請求を受けることになります。
現金が足りなくなり、結果的にクレカの現金化以外の方法で借金を作る事にも繋がってしまうのです。

お金に関する法律は賃金業法、出資法など沢山存在していますが、クレカの現金化が違法であると認める法律は存在していません。
例に挙げた貸金業法は、借り入れ出来る残高を定めている法律です。
クレジットカードに適応されるのはキャッシング枠のみであるため、ショッピング枠を利用するクレカの現金化には適応されません。
出資法では、金融業者がお金を貸す際の金利上限を定めた法律です。
クレカの現金化では、そもそも金利が存在していないのです。
商品の購入、買取やキャッシュバックといった「商品」のやり取りであるため、出資法は適応されません。

つまり、カード会社の利用規約に反するという程度のグレーゾーンであることが分かりますね。
しかし、過去に違法行為であると認められ、摘発されたケースもあります。
ただし摘発されるのはクレジットカード現金化業者のみです。
出資法違反などの行為によって摘発されているのです。

カード停止などのリスクを負ってでも、やむを得ず利用する方は後を絶ちません。
そのため、クレカの現金化義業者も増え続けています。
近年では優良な現金化業者が増えているものの、カード会社をはじめ様々な機関によってクレカの現金化を止めさせるための活動が行われています。
そのため、利用者の立場であっても「違法行為なのでは」と感じる方も多いようです。
現金化業者を利用する立場であれば違法では無いものの、犯罪に巻き込まれるなどのリスクも含めて危険な行為であることを認識しておきましょう。