クレカ現金化の注意点

HOME » 現金化って違法? » クレカ現金化の注意点

クレカ現金化の注意点

クレカの現金化は、基本的には行うべきではない行為です。
得をする事は無く、トラブルに巻き込まれるなどのリスクが高いため、大手の消費者金融を利用した方が良い場合もあります。
どうしてもクレカの現金化をせざるを得ない場合、注意点を意識しながらトラブル回避をし、安全に利用しましょう。

クレカの現金化での注意点は、むやみに個人情報を提供しないことです。
優良な現金化業者であっても、住所や氏名、クレジットカードの名義人氏名は提出をしなければなりません。
これは、現金化業者を利用する人間の中にも悪質な利用者が居るためです。
盗んだカードや拾ったトカードなど、例え家族のカードであっても他人のクレジットカードを利用することは犯罪です。
他人のクレジットカードではないことを証明しなければならないため、ある程度の個人情報は提供する必要があります。
ただし、悪質な業者はクレジットカードの番号や裏面のコピーなどを求めてくるのです。
住所、氏名、クレジットカード情報など全ての個人情報が揃っていれば、カードの不正利用も簡単に行うことが出来ます。
本来であればカードの不正利用はカード会社が保証をしてくれるものです。
しかし現金化が理由であれば、カード会社からの保証は受けることが出来ないのです。

見落としがちな注意点として、非常に高金利の借金であるという点です。
現金化業者は金融業ではないため、手数料という形で現金を徴収しています。
現金化業者に支払う手数料は、金利で計算をすると闇金よりも高い金利になる場合があるのです。
当然ながら、クレジットカード会社からはショッピング枠を利用した分の金額が請求されます。
カード会社への支払いのため、借金を重ねるというケースも珍しくはありません。

これらの注意点をしっかりと意識しておくことが重要となります。
クレカの現金化は、犯罪に巻き込まれるケースも多い危険な行為なのです。
他に現金を作る手立てがない場合にのみ、クレカ現金化を利用しましょう。